当科では、新生児から15歳以下までの外科疾患の診療を主に行っています。当科の受け持ち範囲は呼吸器(気管・肺など)・消化器(食道から肛門までの消化管・肝臓・膵臓など)・その他のお腹の中の臓器(腎臓・脾臓など)・皮膚軟部組織(皮膚・皮下組織・筋肉など)などで、これらの臓器の外科的な病気、腫瘍などを治療します。また、小児泌尿生殖器(腎臓・尿管・膀胱・外陰部など)も守備範囲です。心臓・大血管の病気は心血管外科、骨軟部疾患の病気は整形外科、頭蓋内の病気は脳神経外科で扱い、小児外科の対象ではありません。
 「こどもはおとなのミニチュアではない」という言葉はよく耳にしますが、小児外科で扱う病気は成人の病気と異なり、小児特有の病気も多く、また、小児の体は成長・発達の途中にあるため臓器の機能が未熟でもあります。したがって、小児の手術は小児の外科疾患と小児の特殊性についての専門知識を持ち、専門のトレーニングを受けた小児外科医が行うことが本来望ましいと思われます。また、小児外科疾患については15歳を過ぎても診療を行っています。おとなになってからでもこどものときの手術が関係する病気は小児外科医が診る必要があります。なぜなら、小児外科で手術する病気については成人外科医や内科医はほとんど知らないといってよく、病気の特性についての理解が十分にできないからです。
 当科では他の病院から小児外科の受診を勧められた方だけでなく、初めて病院を受診される方や他の病院での診断に関するセカンドオピニオン(主治医以外の医師の考え)をお聞きになりたい方も受け入れております、どうぞお気軽に受診下さい。

診療

当科では、新生児から15歳以下までの外科疾患の診療を主に行っています。

研究

研究テーマ 1.潰瘍性大腸炎術後の回腸嚢粘膜の形態変化と細菌叢との関係 2.循環がん細胞捕捉チップを用いた小児がんの診断・フォローアップ 3.新生児を含む小児消化管機能異常の臨床的、基礎的研究 4.胆道閉鎖症の病態解明 […]

業績

目次1 診療実績2 論文業績 診療実績 論文業績 ■2014   ■2013   ■2012 Takahashi A et al. Outcomes of herniotomy in prematur […]