群馬大学大学院医学系研究科総合外科学講座

総合外科学講座

循環器外科学分野

群馬大学の循環器外科は、大学病院の診療としては成人の心臓、大血管、末梢血管の外科治療、血管内治療を行っています。平成30年3月新たに教授職が置かれ、平成30年1年間の手術数は29年の2倍以上の125例、平成30年は179例、令和1年は236例と毎年症例数の増加を見ております。高難度手術件数も飛躍的な増加となりました。大学病院として医療の規範となるべく、科学的で信頼される診療を行うよう努めています。

研究は、弁膜症の手術手技、大動脈手術、虚血性心疾患手術、血管内治療、術後栄養などの臨床研究に加え、免疫染色の手法を応用した弁膜症発症のメカニズムを探る基礎研究を行っており、さらに長年にわたり心補助装置の研究をしてきた理工学府の教室との共同研究のプロジェクトを始めようとしています。

医学部学生教育については学部学生に対しては、一般的な講義・臨床実習に加え、興味に応じて手術操作のウエットラボや学会発表の機会も持ってもらい、昨年度は学生発表が学会の賞も受賞しました。

卒後教育につきましては平成31年度循環器外科志望の後期研修医一人を迎え、群馬県で唯一外科専門医カリキュラムを持つ病院として、密接な連携で専門医制度一階建て部分となる外科専門医を速やかに取得するとともに、関連病院と協力して心臓血管外科領域での技術と知識、そして資格を効率よく習得してもらうことを目指します。

群馬大学/群馬県で心臓血管外科のトレーニングを考えている研修医・学生の皆さんへ

今年は新型コロナウイルス感染症の流行で、後期研修の施設訪問、卒業後の進路の相談の方法などにとまどうことが多いのではないかと思います。群馬県・群馬大学で心臓血管外科の修練、診療を考えている方は、まずは気軽にメールで相談して下さい。群馬大学循環器外科はこの2年で手術数が約3倍となり、人材を求めています。皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

連絡先:gundai-junge(at)ml.gunma-u.ac.jp

※(at)は@に置き換えて下さい。

医会長 立石 渉、教授 阿部知伸

研究

主な研究テーマ
臨床研究
  • 僧帽弁形成術の形成手技
  • 急性大動脈解離での臓器灌流異常に対する対処
  • 心臓外科手術における高周波心表面超音波の応用
  • 心臓外科術後の栄養管理
  • 大動脈瘤の血管内治療
基礎研究
  • 免疫染色手法を用いた大動脈弁狭窄症のメカニズムの研究
  • 免疫染色手法を用いた僧帽弁閉鎖不全のメカニズムの研究
  • 心補助装置の研究(理工学府と共同研究)

業績

英文論文・著書
  • Composite Reconstruction of the Right Atrium and the Superior Vena Cava With Pericardial Patches and a Vascular Prosthesis
    Tomonobu Abe, Makoto Hibino, Yoshiyuki Tokuda, Masato Mutsuga, Hideki Oshima, Yuji Narita, Akihiko Usui
    CTSNet VIDEOS, https://www.ctsnet.org/article/composite-reconstruction-right-atrium-and-superior-vena-cava-pericardial-patches-and

    YouTube, CTSNetVideo, https://www.youtube.com/watch?v=HsqKiJ0zWXc
  • Ultrasound visualization of the left circumflex artery by direct endocardial scanning of the mitral annulus during surgery.
    Abe T, Uchida W, Narita Y, Usui A.
    J Thorac Cardiovasc Surg. 2017 Jan;153(1):53-55.

  • Progression of Functional Tricuspid Regurgitation With Aortic Valve Stenosis After Intervention.
    Tatsuishi W, Nakano K.
    Circ J. 2018 Mar 23;82(4):944-945

  • Conservative treatment of type A aortic dissection following hybrid arch repair.
    Yoshizumi T, Tokuda Y, Abe T, Usui A.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Jan 31

  • Successful surgical treatment of left atrioesophageal fistula following atrial ablation.
    Takahashi T, Mohara J, Ogawa H, Igarashi T, Motegi Y.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2018 Nov;66(11):664-666

和文論文・著書
  • 本邦における心臓血管外科手術の現状 2015年、2016年の日本心臓血管外科手術データベースの検討 心臓弁膜症手術
    阿部 知伸, 中野 清治, 平原 憲道, 本村 昇, 宮田 裕章, 高本 眞一
    日本心臓血管外科学会雑誌 48巻1号 Page11-17(2019.01)

  • 心臓血管外科における運動療法
    立石 渉, 村田 誠, 安達 仁
    外科と代謝・栄養 2018年52巻6号 275-281

  • チーム医療による実践的手術侵襲軽減策とアウトカム:心臓血管外科における取り組み
    立石 渉, 中野 清治
    外科と代謝・栄養 2018 年 52 巻 2 号 91-98

研究費
  • 平成31年度科学研究費
    大動脈弁石灰化進行の分子生物学的メカニズムに着眼した大動脈弁狭窄抑制薬の開発

    代表研究者 立石渉
  • 医理工生命医科学融合医療イノベーションプロジェクト
    初期の心不全患者に適応可能で超低侵襲な心房内設置型補助人工心臓の開発
    代表研究者 栗田伸幸

国際学会発表
  • Ultrasound Visualization of the Left Circumflex Artery by Direct Endocardial Scanning in Redo Mitral Valve Surgery
    Tomonobu Abe, Wataru Tatsuishi, Tomo Yoshizumi, Yuji Mashiko1, Masashi Toyama
    American Association for Thoracic Surgery Mitral Conclave, May, 2019, NewYork, USA (Accepted)

  • Factors of mural thrombus in branch graft of internal iliac artery using branched endovascular aneurysm repair
    Wataru Tatsuishi, Kei Shibuya, Yuji Mashiko, Tomonobu Abe
    The 11th Japan-Korea Joint Meeting for Vascular Surgery, May, 2019, Nagoya, Japan
    (Accepted)

国内学会発表
  • (ポスター)超高齢者(80 歳以上)の腹部大動脈瘤の待機的手術の妥当性についての検討.
    高橋 徹、茂原 淳:
    第118回日本外科学会定期学術集会 平成30年4月5-7日 東京

  • 心房細動を生じた三心房心に対して隔壁切除・メイズ 手術を施行した1例.
    立石 渉、茂原 淳、高橋 徹、阿部知伸:
    第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 平成30年6月23日 東京

  • (一般口演)AAA破裂に対してEVAR施行したが、腹腔内穿破とType 2 endoleakにて開腹を余儀なくされた症例.
    立石 渉、渋谷 圭、茂原 淳、高橋 徹、阿部知伸:
    第3回北関東ステントグラフトクラブ 平成30年6月30日 東京

  • (一般口演)All arterial procedureは遠隔期成績によい影響を及ぼすか.
    立石 渉、片岡 豪、佐藤敦彦、浅野竜太、中野清治:
    第23回日本冠動脈外科学会学術大会 平成30年7月12-13日 和歌山

  • (シンポジウム)Stanford A型急性大動脈解離の術式選択;上行置換と弓部置換は本当に手術リスクに変わりはないのか?JACVSDでのトレンドと結果.
    阿部知伸、山本博之、宮田裕章、本村 昇、徳田順之、種本和雄、高本眞一:
    第71回日本胸部外科学会定期学術集会 平成30年10月3-6日 東京
  • (パネルディスカッション ) Functional TR に対するリング形成の妥当な適応基準についての検討.
    立石 渉、片岡 豪、佐藤敦彦、浅野竜太、茂原 淳、高橋 徹、阿部知伸、中野清治:
    第71回日本胸部外科学会定期学術集会 平成30年10月3-6日 東京
  • (一般口演) AVR+上行置換術後のPVE に対する手術方針決定にFDG-PETが有用であった1例.
    立石 渉、吉住 朋、阿部知伸:
    第178回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 平成30年11月3日 東京
  • (一般口演) 胸腔鏡補助下でCRT-D 心外膜リード留置を行った一例.
    吉住 朋、立石 渉、阿部知伸:
    第178回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 平成30年11月3日 東京
  • (パネルディスカッション) 重症患者の栄養管理 ―日本版重症患者の栄養療法ガイドラインおよびASPEN栄養ガイドライン2016をふまえ
    立石 渉、吉住 朋、阿部知伸:.
    第80回日本臨床外科学会総会 平成30年11月22-24日 東京
  • (特別企画) 本邦における2015、2016年の心臓血管外科手術の現状:日本心臓血管外科手術データベースからの報告 心臓弁膜症手術.
    阿部知伸
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (一般口演) 腹部大動脈人工血管置換術後の大建中湯とマグネシウム製剤の効果.
    立石 渉
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (ビデオ演題)三尖弁位発症のMRSA感染性心内膜炎に対する人工腱索+bicuspidizationによる形成術.
    立石 渉
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (会長要望演題) 急性A型解離での頸動脈Static Obstructionに対するAorto Carotid Bypass.
    阿部知伸
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (ポスター)縦隔炎・SSI発症ゼロを目指す心臓血管外科領域ERAS.
    立石 渉
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (シンポジウム)心臓血管外科術後早期回復プログラムの再考:術前ステロイドと早期離床促進のための工夫についての検討.
    立石渉
    第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 平成31年2月14-15日 東京
  • (シンポジウム)一次的三尖弁逆流 に対する弁尖手術手技を伴った三尖弁形成術
    阿部知伸
    第119回日本外科学会定期学術集会 平成31年4月18-20日 大阪
  • 国立大学法人 群馬大学
  • 群馬大学医学部附属病院 臨床研修センター
  • National Clinical Database 外科系の専門医制度と連携した症例データベース

ページの先頭