群馬大学大学院医学系研究科総合外科学講座

総合外科学講座

循環器外科学分野

群馬大学の循環器外科は、大学病院の診療としては成人の心臓、大血管、末梢血管の外科治療・血管内治療を行い、それに基づいた臨床研究結果を積極的に発表して医学への貢献に務めています。30年3月新たに教授職が置かれスタッフが刷新され、平成30年1年間の手術数は29年の2倍以上の125例、それ以後もコロナ禍で全国の心臓手術件数が激減するなか、地域の信頼を頂きさらに手術数が増加しております。高難度手術件数も飛躍的に増えています。大学病院として医療の規範となるべく、科学的で信頼される診療・教育と臨床研究を行うよう努めています。


【群馬大学循環器外科手術件数の推移】

臨床研究は、主要な研究テーマである弁膜症の外科治療に加え、大動脈瘤血管内治療、大動脈外科手術、虚血性心疾患手術、術後栄養などについて最先端のテーマを追求し、各学会で数多くの発表の機会を頂いています。

基礎研究は免疫染色の手法を応用した弁膜症発症のメカニズムを探る基礎研究を行っており、国際的に重要な雑誌にも成果が掲載されるようになりました。 心補助装置の研究をしてきた理工学府との共同研究のプロジェクトを行っています。令和3年に理工学部栗田准教授との共同プロジェクトはクラウドファンディングを通じて3000万円をこえる募金を頂き、NHKの全国ニュース、民放衛星放送の特集でも紹介頂きました(BS朝日、ミライMAKER ~みんなでSDGs アイデアをカタチに~2021年12月18日(土))。
http://www.bs-asahi.co.jp/mirai_maker/



医学部学生教育については学部学生に対しては、一般的な講義・臨床実習に加え、興味に応じて手術操作のウエットラボや学会発表の機会も持ってもらい、希望者は学会発表も経験してもらっています。

  卒後教育につきましては群馬大学循環器外科には平成31年度より5名が入会し仲間に加わってもらっています。群馬県で唯一外科専門医カリキュラムを持つ病院として、外科各診療科との密接な連携で専門医制度一階建て部分となる外科専門医を速やかに取得するとともに、関連病院と協力して心臓血管外科領域での技術と知識、そして資格を効率よく習得してもらうことを目指しています。

群馬大学/群馬県で心臓血管外科のトレーニングを考えている研修医・学生の皆さんへ

近年新型コロナウイルス感染症の流行で、後期研修の施設訪問、卒業後の進路の相談の方法などにとまどうことが多いのではないかと思います。群馬県・群馬大学で心臓血管外科の修練、診療を考えている方は、まずは気軽にメールで相談して下さい。群馬大学循環器外科は近年手術数が著増し、人材を求めています。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

連絡先:gundai-junge(at)ml.gunma-u.ac.jp

※(at)は@に置き換えて下さい。

医会長 立石 渉、教授 阿部知伸

研究

主な研究テーマ
臨床研究
  • 大動脈弁形成術、自己弁温存基部置換術
  • 長期予後に優れる僧帽弁形成術の形成手技
  • 急性大動脈解離での臓器灌流異常に対する対処
  • 心臓外科手術における高周波心表面超音波の応用
  • 心臓外科術後の栄養管理
  • 大動脈瘤の血管内治療
基礎研究
  • 免疫染色手法を用いた大動脈弁狭窄症のメカニズムの研究
  • 免疫染色手法を用いた僧帽弁閉鎖不全のメカニズムの研究
  • 心補助装置の研究(理工学府と共同研究)

業績

英文論文・著書
  • Abe T, Nakano K, Hirahara N, Motomura N, Miyata H, Takamoto S. Current status of cardiovascular surgery in Japan, 2015 and 2016, a report based on the Japan Cardiovascular Surgery Database. 3-Valvular heart surgery. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Sep;67(9):742-749. doi: 10.1007/s11748-019-01161-z. Epub 2019 Jul 3. Erratum in: Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Aug 5;: PMID: 31270746.
  • Konishi Y, Fukunaga N, Abe T, Nakamura K, Usui A, Koyama T. Efficacy of new multimodal preventive measures for post-operative deep sternal wound infection. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Nov;67(11):934-940. doi: 10.1007/s11748-019-01139-x. Epub 2019 May 22. PMID: 31119520.
  • Abe T, Yamamoto H, Miyata H, Motomura N, Tokuda Y, Tanemoto K, Usui A, Takamoto S. Patient trends and outcomes of surgery for type A acute aortic dissection in Japan: an analysis of more than 10 000 patients from the Japan Cardiovascular Surgery Database. Eur J Cardiothorac Surg. 2020 Apr 1;57(4):660-667.
  • Tatsuishi W, Sato T, Kataoka G, Sato A, Asano R, Nakano K. High-Flow Nasal Cannula Therapy With Early Extubation for Subjects Undergoing Off-Pump Coronary Artery Bypass Graft Surgery Respir Care. 2020 Feb;65(2):183-190.
  • Mashiko Y, Abe T, Tokuda Y, Oshima H, Usui A. Extracorporeal membrane oxygenation support for postcardiotomy cardiogenic shock in adult patients: predictors of in-hospital mortality and failure to be weaned from extracorporeal membrane oxygenation. J Artif Organs. 2020 Sep;23(3):225-232.
  • Tatsuishi W, Konno N, Hatori K, Yoshizumi T, Shibuya K, Abe T. Successful Endovascular Repair of a Ruptured Common Iliac Artery Aneurysm Associated with an Ileal Pouch Neobladder Fistula. Ann Vasc Surg. 2020 Nov;69:448.e9-448.e13.
  • Hatori K, Kawashima T, Mori K, Kosaki S, Okamoto K, Mizoguchi T, Oda Y, Arakura M, Hagiwara N, Abe T, Miyamoto S. Potential utility of new surgical hemostatic film using Hydrofit®: a preliminary study. J Artif Organs. 2020 Mar;23(1):77-84.
  • Bilguun EO, Tatsuishi W, Yokobori T, Ohno T, Hatori K, Handa T, Oyama T, Shirabe K, Saeki H, Abe T. Inflammatory and immune checkpoint markers are associated with the severity of aortic stenosis.JTCVS Open.2021;5:1-12.
  • Tatsuishi W, Kumamaru H, Nakano K, Miyata H, Motomura N. Evaluation of postoperative outcomes of valve reoperation: A retrospective study. Eur J Cardiothorac Surg. 2021 Apr 29;59(4):869-877.
  • Erkhem-Ochir B, Tatsuishi W, Yokobori T, Gombodorj N, Saeki H, Shirabe K, Abe T. Immunohistochemical Detection of Bacteria in the Resected Valves was Associated with Stromal Immune Checkpoint Protein Expression that may Contribute to Calcific Aortic Stenosis. Semin Thorac Cardiovasc Surg. 2021 Oct 22:S1043-0679(21)00466-4.
  • Abe T, Kumamaru H, Nakano K, Motomura N, Miyata H, Takamoto S. Status of cardiovascular surgery in Japan between 2017 and 2018: A report based on the Japan Cardiovascular Surgery Database. 3. Valvular heart surgery. Asian Cardiovasc Thorac Ann. 2021 May;29(4):300-309.
  • Oi A, Tatsuishi W, Mohara J, Yamamoto T, Abe T. Coronary artery bypass grafting in a patient with situs inversus totalis: a case report. J Cardiothorac Surg. 2022 Mar 27;17(1):56. Konishi Y, Tatsuishi W, Shibuya K, Konno N, Abe T. Hybrid repair of a distal aortic arch aneurysm with aberrant right subclavian artery and Kommerell's diverticulum: A case report.Int J Surg Case Rep. 2022 in press
  • Tatsuishi W, Kumamaru H, Tomonobu Abe, Nakano K, Miyata H, Motomura N. Postoperative outcomes of valve reoperation are associated with the number of previous cardiac operations. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2022 in press
  • Oi A, Tatsuishi W, Mohara J, Yamamoto T, Abe T. Coronary artery bypass grafting in a patient with situs inversus totalis: a case report. J Cardiothorac Surg. 2022 Mar 27;17(1):56. doi: 10.1186/s13019-022-01807-9. PMID: 35346291; PMCID: PMC8958778.

  • Erkhem-Ochir B, Tatsuishi W, Yokobori T, Gombodorj N, Saeki H, Shirabe K, Abe T. Immunohistochemical Detection of Bacteria in the Resected Valves was Associated with Stromal Immune Checkpoint Protein Expression that may Contribute to Calcific Aortic Stenosis. Semin Thorac Cardiovasc Surg. 2021 Oct 22:S1043-0679(21)00466-4. doi: 10.1053/j.semtcvs.2021.10.007. Epub ahead of print. PMID: 34688900.

  • Tatsuishi W, Kumamaru H, Nakano K, Miyata H, Motomura N. Evaluation of postoperative outcomes of valve reoperation: a retrospective study. Eur J Cardiothorac Surg. 2021 Apr 29;59(4):869-877. doi: 10.1093/ejcts/ezaa384. PMID: 33221871.

  • Nakasone C, Kanamoto M, Tatsuishi W, Abe T, Saito S. Anesthetic management of a patient with situs inversus totalis undergoing coronary artery bypass grafting surgery: a case report. JA Clin Rep. 2021 Mar 29;7(1):28. doi: 10.1186/s40981-021-00431-1. PMID: 33782777; PMCID: PMC8007672.

  • Kato T, Takama N, Harada T, Abe T. Cardiac metastasis of a rapid-moving mixed germ cell tumour visualized by transoesophageal echocardiography. Eur Heart J Case Rep. 2021 Feb 8;5(2):ytab007. doi: 10.1093/ehjcr/ytab007. PMID: 33644663; PMCID: PMC7898575.

  • Committee for Scientific Affairs, The Japanese Association for Thoracic Surgery, Shimizu H, Okada M, Toh Y, Doki Y, Endo S, Fukuda H, Hirata Y, Iwata H, Kobayashi J, Kumamaru H, Miyata H, Motomura N, Natsugoe S, Ozawa S, Saiki Y, Saito A, Saji H, Sato Y, Taketani T, Tanemoto K, Tangoku A, Tatsuishi W, Tsukihara H, Watanabe M, Yamamoto H, Minatoya K, Yokoi K, Okita Y, Tsuchida M, Sawa Y. Thoracic and cardiovascular surgeries in Japan during 2018 : Annual report by the Japanese Association for Thoracic Surgery. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2021 Jan;69(1):179-212. doi: 10.1007/s11748-020-01460-w. PMID: 33090365; PMCID: PMC7788037.

  • Kato T, Takama N, Harada T, Koitabashi N, Murakami M, Abe T, Kurabayashi M. Nonbacterial Thrombotic Endocarditis-A Rare Case of Acute Libman-Sacks Endocarditis Complicated by Multiple Cerebral Infarcts: Case Report and Literature Review. CASE (Phila). 2020 Oct 18;4(6):507-511. doi: 10.1016/j.case.2020.09.005. PMID: 33376843; PMCID: PMC7756186.

  • Abe T, Kumamaru H, Nakano K, Motomura N, Miyata H, Takamoto S. Status of cardiovascular surgery in Japan between 2017 and 2018: A report based on the Japan Cardiovascular Surgery Database. 3. Valvular heart surgery. Asian Cardiovasc Thorac Ann. 2021 May;29(4):300-309. doi: 10.1177/0218492320981459. Epub 2021 Jan 10. PMID: 33426897.

  • Tatsuishi W, Konno N, Hatori K, Yoshizumi T, Shibuya K, Abe T. Successful Endovascular Repair of a Ruptured Common Iliac Artery Aneurysm Associated with an Ileal Pouch Neobladder Fistula. Ann Vasc Surg. 2020 Nov;69:448.e9-448.e13. doi: 10.1016/j.avsg.2020.05.018. Epub 2020 May 27. PMID: 32473305.

  • Mashiko Y, Abe T, Tokuda Y, Oshima H, Usui A. Extracorporeal membrane oxygenation support for postcardiotomy cardiogenic shock in adult patients: predictors of in-hospital mortality and failure to be weaned from extracorporeal membrane oxygenation. J Artif Organs. 2020 Sep;23(3):225-232. doi: 10.1007/s10047-020-01160-5. Epub 2020 Feb 25. Erratum in: J Artif Organs. 2020 May 20;: PMID: 32100148.

  • Abe T, Yamamoto H, Miyata H, Motomura N, Tokuda Y, Tanemoto K, Usui A, Takamoto S. Patient trends and outcomes of surgery for type A acute aortic dissection in Japan: an analysis of more than 10 000 patients from the Japan Cardiovascular Surgery Database. Eur J Cardiothorac Surg. 2020 Apr 1;57(4):660-667. doi: 10.1093/ejcts/ezz323. PMID: 31793995.

  • Hatori K, Kawashima T, Mori K, Kosaki S, Okamoto K, Mizoguchi T, Oda Y, Arakura M, Hagiwara N, Abe T, Miyamoto S. Potential utility of new surgical hemostatic film using Hydrofit®: a preliminary study. J Artif Organs. 2020 Mar;23(1):77-84. doi: 10.1007/s10047-019-01135-1. Epub 2019 Sep 25. PMID: 31556000.

  • Tatsuishi W, Sato T, Kataoka G, Sato A, Asano R, Nakano K. High-Flow Nasal Cannula Therapy With Early Extubation for Subjects Undergoing Off-Pump Coronary Artery Bypass Graft Surgery. Respir Care. 2020 Feb;65(2):183-190. doi: 10.4187/respcare.06382. Epub 2019 Oct 22. PMID: 31641074. 11: Toyama M, Nakayama M, Abe T, Maeda M, Sato B, Ohno O. Hypereosinophilia and Multisite Vasculopathy of Fibromuscular Dysplasia: A Case Report. Ann Vasc Dis. 2019 Jun 25;12(2):236-239. doi: 10.3400/avd.cr.19-00003. PMID: 31275482; PMCID: PMC6600092.

  • Abe T, Nakano K, Hirahara N, Motomura N, Miyata H, Takamoto S. Current status of cardiovascular surgery in Japan, 2015 and 2016, a report based on the Japan Cardiovascular Surgery Database. 3-Valvular heart surgery. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Sep;67(9):742-749. doi: 10.1007/s11748-019-01161-z. Epub 2019 Jul 3. Erratum in: Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Aug 5;: PMID: 31270746.

  • Konishi Y, Fukunaga N, Abe T, Nakamura K, Usui A, Koyama T. Efficacy of new multimodal preventive measures for post-operative deep sternal wound infection. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Nov;67(11):934-940. doi: 10.1007/s11748-019-01139-x. Epub 2019 May 22. PMID: 31119520.

  • Yoshizumi T, Tokuda Y, Abe T, Usui A. Conservative treatment of type A aortic dissection following hybrid arch repair. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2019 Jul;67(7):602-607. doi: 10.1007/s11748-019-01075-w. Epub 2019 Jan 31. PMID: 30706293.

和文論文・著書
  • 立石渉, 中野清治 胸部外科を支えるテクノロジー up to date Ⅱ.心臓血管領域 7.人工弁.胸部外科2018年71巻10号:800-807 立石渉, 岡田修一, 中野清治, 浅野竜太, 佐藤敦彦, 片岡豪. 心臓手術における適切なドレーン留置期間の検討. 日本外科感染症学会雑誌2018年 15 巻 2 号 162-166
  • 立石渉, 竹前彰人,常川勝彦. これまで実践してきたERAS術後早期回復プログラムの問題点は何か 心臓血管外科領域. 外科と代謝・栄養2021年55巻6号234-237
  • 立石渉,山本博之,中井真尚,種本和雄,宮田裕章,本村昇. 本邦における心臓手術後創部感染の発生率と術後成績への影響-2018年データより-. 日本外科感染症学会雑誌2021年18巻2号283-288
  • 本邦における心臓血管外科手術の現状 2015年、2016年の日本心臓血管外科手術データベースの検討 心臓弁膜症手術
    阿部 知伸, 中野 清治, 平原 憲道, 本村 昇, 宮田 裕章, 高本 眞一
    日本心臓血管外科学会雑誌 48巻1号 Page11-17(2019.01)

  • 心臓血管外科における運動療法
    立石 渉, 村田 誠, 安達 仁
    外科と代謝・栄養 2018年52巻6号 275-281

  • チーム医療による実践的手術侵襲軽減策とアウトカム:心臓血管外科における取り組み
    立石 渉, 中野 清治
    外科と代謝・栄養 2018 年 52 巻 2 号 91-98

研究費
  • 令和3年度科学研究費 免疫制御メカニズムに着目した大動脈弁石灰化発症・進行抑制薬の開発 代表研究者 立石渉
  • 令和3年度科学研究費研究活動スタート支援 僧帽弁の粘液腫瘍変性の分子生物学的メカニズムの解明とバイオマーカー、治療薬の開発 代表研究者 小西康信
  • 平成31年度科学研究費
    大動脈弁石灰化進行の分子生物学的メカニズムに着眼した大動脈弁狭窄抑制薬の開発

    代表研究者 立石渉
  • 医理工生命医科学融合医療イノベーションプロジェクト
    初期の心不全患者に適応可能で超低侵襲な心房内設置型補助人工心臓の開発
    代表研究者 栗田伸幸

国際学会発表
  • IIA Preservation using many methods for CIAA and IIAA. Tatsuishi W, Shibuya K, Konishi Y, Konno N, Abe T. Asian Society for Vascular Surgery 2021 / 16th Asian Venous Forum. Sapporo, Japan
  • Ultrasound Visualization of the Left Circumflex Artery by Direct Endocardial Scanning in Redo Mitral Valve Surgery
    Tomonobu Abe, Wataru Tatsuishi, Tomo Yoshizumi, Yuji Mashiko1, Masashi Toyama
    American Association for Thoracic Surgery Mitral Conclave, May, 2019, NewYork, USA (Accepted)

  • Factors of mural thrombus in branch graft of internal iliac artery using branched endovascular aneurysm repair
    Wataru Tatsuishi, Kei Shibuya, Yuji Mashiko, Tomonobu Abe
    The 11th Japan-Korea Joint Meeting for Vascular Surgery, May, 2019, Nagoya, Japan
    (Accepted)

国内学会発表
  • (ポスター)超高齢者(80 歳以上)の腹部大動脈瘤の待機的手術の妥当性についての検討.
    高橋 徹、茂原 淳:
    第118回日本外科学会定期学術集会 平成30年4月5-7日 東京

  • 心房細動を生じた三心房心に対して隔壁切除・メイズ 手術を施行した1例.
    立石 渉、茂原 淳、高橋 徹、阿部知伸:
    第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 平成30年6月23日 東京

  • (一般口演)AAA破裂に対してEVAR施行したが、腹腔内穿破とType 2 endoleakにて開腹を余儀なくされた症例.
    立石 渉、渋谷 圭、茂原 淳、高橋 徹、阿部知伸:
    第3回北関東ステントグラフトクラブ 平成30年6月30日 東京

  • (一般口演)All arterial procedureは遠隔期成績によい影響を及ぼすか.
    立石 渉、片岡 豪、佐藤敦彦、浅野竜太、中野清治:
    第23回日本冠動脈外科学会学術大会 平成30年7月12-13日 和歌山

  • (シンポジウム)Stanford A型急性大動脈解離の術式選択;上行置換と弓部置換は本当に手術リスクに変わりはないのか?JACVSDでのトレンドと結果.
    阿部知伸、山本博之、宮田裕章、本村 昇、徳田順之、種本和雄、高本眞一:
    第71回日本胸部外科学会定期学術集会 平成30年10月3-6日 東京
  • (パネルディスカッション ) Functional TR に対するリング形成の妥当な適応基準についての検討.
    立石 渉、片岡 豪、佐藤敦彦、浅野竜太、茂原 淳、高橋 徹、阿部知伸、中野清治:
    第71回日本胸部外科学会定期学術集会 平成30年10月3-6日 東京
  • (一般口演) AVR+上行置換術後のPVE に対する手術方針決定にFDG-PETが有用であった1例.
    立石 渉、吉住 朋、阿部知伸:
    第178回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 平成30年11月3日 東京
  • (一般口演) 胸腔鏡補助下でCRT-D 心外膜リード留置を行った一例.
    吉住 朋、立石 渉、阿部知伸:
    第178回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 平成30年11月3日 東京
  • (パネルディスカッション) 重症患者の栄養管理 ―日本版重症患者の栄養療法ガイドラインおよびASPEN栄養ガイドライン2016をふまえ
    立石 渉、吉住 朋、阿部知伸:.
    第80回日本臨床外科学会総会 平成30年11月22-24日 東京
  • (特別企画) 本邦における2015、2016年の心臓血管外科手術の現状:日本心臓血管外科手術データベースからの報告 心臓弁膜症手術.
    阿部知伸
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (一般口演) 腹部大動脈人工血管置換術後の大建中湯とマグネシウム製剤の効果.
    立石 渉
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (ビデオ演題)三尖弁位発症のMRSA感染性心内膜炎に対する人工腱索+bicuspidizationによる形成術.
    立石 渉
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (会長要望演題) 急性A型解離での頸動脈Static Obstructionに対するAorto Carotid Bypass.
    阿部知伸
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (ポスター)縦隔炎・SSI発症ゼロを目指す心臓血管外科領域ERAS.
    立石 渉
    第49回日本心臓血管外科学会学術総会 平成31年2月11-13日 岡山
  • (シンポジウム)心臓血管外科術後早期回復プログラムの再考:術前ステロイドと早期離床促進のための工夫についての検討.
    立石渉
    第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 平成31年2月14-15日 東京
  • (シンポジウム)一次的三尖弁逆流 に対する弁尖手術手技を伴った三尖弁形成術
    阿部知伸
    第119回日本外科学会定期学術集会 平成31年4月18-20日 大阪
  • 国立大学法人 群馬大学
  • 群馬大学医学部附属病院 臨床研修センター
  • National Clinical Database 外科系の専門医制度と連携した症例データベース

ページの先頭