群馬大学大学院医学系研究科総合外科学講座

総合外科学講座

消化管外科学分野(下部)

研究

主な研究テーマ
臨床研究
  • 腹腔鏡下直腸癌術後性機能障害に関する多施設前向き観察研究:LANDMARC試験
  • 右側結腸癌のリンパ節郭清に関する多施設観察研究:MEIRT-RC
  • 腹腔鏡下直腸切除における技術認定医手術参加の有用性に関する検討:EnSSURE試験
  • 根治的外科治療可能の結腸・直腸癌を対象としたレジストリ研究:GALAXY trial
  • 血液循環腫瘍DNA 陰性の高リスクStage II 及び低リスクStage III 結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのCAPOX 療法と手術単独を比較するランダム化第III 相比較試験:VEGA trial
  • 再発危険因子を有するStageⅡ大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究(JFMC46-1201)
  • Stage Ⅲ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第Ⅲ相比較臨床試験 (JFMC47-1202-C3:ACHIEVE Trial)
  • 再発危険因子を有するハイリスクStageⅡ結腸がん治癒切除例に対する術後補助化学療法としての mFOLFOX6療法またはXELOX療法の至適投与期間に関するランダム化第Ⅲ相比較臨床試験 (JFMC-48-1301-C4:ACHIEVE-2 Trial)
  • 鼠径部ヘルニアに対する腹臥位鼠径部除圧下CTの有用性に関する検討
  • 転移再発大腸癌に対する集学的治療の治療成績の検討
  • 大腸癌の治療に対する医療画像技術の有用性と安全性に関する検討
  • 局所進行大腸癌に対する治療成績と予後予測因子の検討
  • 小腸癌に対する治療成績と予後予測因子の検討
  • MRIとFDG-PETによる直腸癌画像診断と再発および予後予測における検討
  • StageⅡ/Ⅲ大腸癌治癒切除例に対するUFT/LV療法とPSK併用UFT/LV療法の無作為化比較試験:GOSG-C03
基礎研究
  • 大腸癌細胞に甲状腺ホルモン代謝がもたらす影響の検討
  • メトホルミンが大腸癌に及ぼす影響
  • 炎症性腸疾患とその発癌について
  • 消化管腫瘍における新規腫瘍マーカーの探索
  • colitic cancerにおけるDNA2重鎖切断修復に伴うPD-L1発現の意義
  • 肝転移を有する大腸癌における STMN1の検討
  • 大腸癌の発癌過程におけるSTMN1発現についての研究
  • 大腸癌におけるcircular RNA発現の意義について
  • 骨髄移植患者の固形がんの発生・進展および創傷治癒に関する研究
  • 大腸癌における腫瘍免疫と関連する分子生物学的因子の検討
  • アミノ酸輸送蛋白:LAT1とその関連蛋白の発現状況と大腸癌の臨床病理学的因子、
    薬剤耐性と治療効果および予後の検討
  • β2AR蛋白の発現状況と大腸癌の臨床病理学的因子、薬剤耐性と治療効果および予後の検討

業績

英文論文・著書
  • Ogawa H et al. Prognostic significance of β2-adrenergic receptor expression in patients with surgically resected colorectal cancer. Int J Clin Oncol (2020) 25:1137-1144, 2020
  • Komine C et al. Retroperitoneal Liposarcoma with Multilocular Cysts. Case Rep Gastroenterol. 13(3): 514-20, 2019
  • Ogawa H et al. Role of Amino Acid Transporter Expression as a Prognostic Marker in Patients With Surgically Resected Colorectal Cancer. Anticancer Res. 39(5): 2535-43, 2019
  • Osone K et al. STMN1 accumulation is associated with dysplastic and neoplastic lesions in patients with ulcerative colitis. Oncol Lett. 18(5): 4712-8, 2019
  • Shiraishi T et al. Risk factors for the incidence and severity of peristomal skin disorders defined using two scoring systems. Surg Today. 50(3): 284-91, 2019
  • Shiraishi T et al. Predicting prognosis according to preoperative chemotherapy response in patients with locally advanced lower rectal cancer. BMC Cancer. 19(1): 1222, 2019
  • Tatsuki H et al. dA novel one-step lens cleaning device using air and water flow for endoscopic surgery. PLoS One. 13(7): e0200749, 2018
  • Shiraishi T et al: Carbon dioxide embolism during transanal total mesorectal excision (taTME). Tech Coloproctol. 22(9): 735-8, 2018
  • Ogawa H et al. Prognostic role of BiP/GRP78 expression as ER stress in patients with Gastric Adenocarcinoma.Cancer Biomark. 20(3):273-281. 2017
  • Takada T et al.KPNA2 over-expression is a potential marker of prognosis and therapeutic sensitivity in colorectal cancer patients. J Surg Oncol. 113(2): 213-7, 2016
  • Takada T et al. Control of Primary Lesions Using Resection or Radiotherapy Can Improve the Prognosis of Metastatic Colorectal Cancer Patients. J Surg Oncol. 114(1): 75-9, 2016
  • Takahashi R et al. Establishment of a novel method to evaluate peritoneal microdissemination and therapeutic effect using luciferase assay. Cancer Sci. 107(3): 341-6, 2016
  • Shiraishi T et al: Totally Laparoscopic Total Gastrectomy with Transvaginal Specimen Extraction in Gastric Cancer: A Report of 4 Cases. Kitakanto Med J. 66(2): 159-62, 2016
  • Shiraishi T et al. Transvaginal Hybrid NOTES Procedure for Treatment of Gallstone Ileus. Case Rep Surg. 9513874, 2016
  • Tsutsumi S et al. Feasibility of Reduced Port Laparoscopic Colectomy for Colon Cancer. Hepatogastroenterology. 2015 Jun;62(140): 873-5. PubMed PMID: 26902019.
  • Fujii T et al. Arteriovenous malformation detected by small bowel endoscopy. Case Rep Gastroenterol. 8(2): 324-8, 2014
  • Kato T et al. Effect of long interval between hyperthermochemoradiation therapy and surgery for rectal cancer on apoptosis, proliferation and tumor response. Anticancer Res. 34(6): 3141-6, 2014
  • Shiraishi T et al. Extraperitoneal colostomy in laparoscopic abdominoperineal resection using a hand inserted from the perineal side. Asian J Endosc Surg. 7(1): 89-92, 2014
和文論文・著書
  • 加藤隆二, 小川博臣:Miles手術後の大腿ヘルニア嵌頓に対して、腸管切除を伴う腹腔鏡下ヘルニア修復術を施行した一例. The Kitakanto Medical Journal 69(2): 149-152, 2019
  • 加藤隆二, 小川博臣:両側閉鎖孔ヘルニア嵌頓に対してエコーガイド下整復を行なった後、待機的に腹腔鏡下ヘルニア修復術を行なった1例. The Kitakanto Medical Journal 69(2): 143-147, 2019
  • 岡田拓久,平能康充:長期無再発生存が得られたリンパ節転移を伴う直腸肛門部悪性黒色腫の1例.日本大腸肛門病学会誌 79(7): 444-8, 2019
  • 岡田拓久,富澤直樹:上行結腸脂肪腫に対して腹腔鏡・内視鏡合同手術を施行した1例.日本内視鏡外科学会雑誌 22(6): 813-9, 2017
  • 岡田拓久,荒川和久:十二指腸原発良性線維性組織球腫の1例.日本臨床外科学会誌78(3): 515-20, 2017
  • 中里健二、藍原龍介、鈴木茂正、矢内充洋、細内康男、桑野博行: Mini Loop RetractorⅡを用いたグローブ法単孔式腹腔鏡下虫垂切除術.日本内視鏡外科学会 21(3): 251-256, 2016
  • 小澤直也、富澤直樹:潰瘍性大腸炎を合併した特発性血小板減少性紫斑病の1手術例.日本腹部救急学会雑誌 36(5): 953-956, 2016
  • 藤井孝明、桑野博行:ステートメント3「栄養状態の改善を行ってから手術をすると創傷治癒遅延の発症頻度を低下出来る」創傷治癒 コンセンサスドキュメント-手術手技から周術期管理まで- p.28-9, 2016
  • 藤井孝明、桑野博行:ステートメント17「大腸癌手術前の大腸プレパレーションの有無はsurgical site infectionの発生に影響を与えない」創傷治癒 コンセンサスドキュメント-手術手技から周術期管理まで- 全日本病院出版会 p.56-7, 2016
  • 藤井孝明、桑野博行:ステートメント56「準清潔手術においても閉創前に創洗浄するべきである」創傷治癒 コンセンサスドキュメント-手術手技から周術期管理まで- p.134-5,2016
  • 白石 卓也, 富澤 直樹, 安東 立正, 小倉 崇以, 鈴木 裕之, 二宮 致:膜型人工肺管理によって救命しえた肝部下大静脈欠損・奇静脈結合を合併した食道癌術後の乳糜胸に起因する重症呼吸不全の1例. 日消外会誌 49(5): 392-9, 2016
  • 国立大学法人 群馬大学
  • 群馬大学医学部附属病院 臨床研修センター
  • National Clinical Database 外科系の専門医制度と連携した症例データベース

ページの先頭