群馬大学大学院医学系研究科総合外科学講座

お知らせ

消化管外科学分野教授着任のご挨拶

赴任のご挨拶

2019年4月1日付けで、群馬大学大学院 総合外科学講座 消化管外科学分野に赴任いたしました。どうかよろしくお願い申し上げます。

群馬大学の外科は、旧第一外科と第二外科が統合され、2015年4月に外科診療センターが、2017年4月に総合外科学講座がスタートいたしました。「消化管外科」は、その際の臓器別再編に伴い組織された6診療科のうちのひとつであり、初代教授の桑野博行先生の後を引き継ぐ形で、この度私が二代目の教授を拝命いたしました。

消化管外科では、食道、胃、小腸、大腸など、消化管全般の外科を担当しています。なかでも、消化管外科で多く扱う疾患は、食道がん、胃がん、大腸がんなどの消化管のがんですが、がんの手術では根治性と低侵襲性の両立が求められます。“低侵襲性”とは、「からだに優しい」という意味ですが、その取り組みのひとつが腹腔鏡や胸腔鏡といった鏡視下手術です。鏡視下手術では、従来の手術と比べて術後疼痛がはるかに少なく、患者さんの術後の回復もずいぶん早くなりました。さらに、ロボット支援下での鏡視下手術では、限られた空間での精緻な動きを得意とするため、繊細な操作が必要な消化管がん手術には、非常に適していると思います。群馬大学 消化管外科では、すでに鏡視下手術が積極的に行われており、良好な治療成績をおさめています。今後は、ロボット手術を安全に導入し、患者さんにとってより質の高い医療を提供できるよう努力したいと思います。

私は、群馬大学 消化管外科での目標を以下のように掲げます。

診療:ハイレベルで信頼性の高い医療の実践

  • 低侵襲性と安全性の追求
  • 高難度・最先端手術の導入
  • 地域に根差した診療の実践

研究:外科研究を通した社会への貢献

  • 治療応用を目的とした「問題解決型研究」
  • 基礎と臨床の双方向的研究
  • エビデンスの創出と発信

教育:未来を担う消化管外科医の育成

  • 医師としての人間性の育成
  • 実臨床を意識した知識の伝達
  • 高度な手術手技の定型化と継承

また、医療安全のための取り組みとして、開かれた医療・開かれた診療科運営も重要です。外科治療はチーム医療であり、組織としてのコンプライアンスとガバナンス、それにコミュニケーションが重要と考えます。多診療科・多職種によって形成されるチーム群馬大学の一員として、最高級の医療安全の実践を目指したいと思います。

私は、学生時代にラグビーをしていました。私が培っていきたい精神は、“One for all, all for one”の精神です。この言葉には、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という意味以外に、「一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために」という意味があります。チーム全体でひとつの目的に向かった時、そのチームは最高の力を発揮できると考えます。

最後になりますが、群馬大学 消化管外科教室としての役割を通して、令和新時代における医療の発展に少しでも貢献できれば、この上ない喜びです。

 

群馬大学大学院 総合外科学講座

消化管外科学分野 教授

佐伯 浩司

  • 国立大学法人 群馬大学
  • 群馬大学医学部附属病院 臨床研修センター
  • National Clinical Database 外科系の専門医制度と連携した症例データベース

ページの先頭